労働慣行への取り組み (従業員の安全と健康)

安全と健康に関する基本方針

ニューフレアテクノロジーは「人を大切にします」「豊かな価値を創造します」「社会に貢献します」というニューフレアテクノロジーグループ経営理念に基づき、「地球内企業」として世界各国の文化や慣習を尊重しながら、半導体製造装置の開発・製造・サービスを展開していきます。
そのために、すべての事業活動において生命・安全・法令遵守を最優先し、グループをあげて「安全で快適な職場環境づくりと心身の健康保持増進」を推進します。

<< 経営理念のページへ >>

ニューフレアテクノロジーの安全健康基本方針

  • 1) 安全健康を経営の最重要課題の一つに位置づけ、「安全健康管理活動の継続的な改善」により 「業務に起因する負傷および疾病の予防」に努めます。
  • 2) 労働安全衛生法規等およびニューフレアテクノロジーが履行することを決めた指針および自主基準などを遵守します。
  • 3) 次の事項について目的・目標を定め、実行します。
    • (1) 労働災害や職業性疾病の撲滅ならびにこれらを誘発するリスクの低減。
    • (2) 全従業員が個々の能力を十分発揮するための心身の健康保持増進。
  • 4) ニューフレアテクノロジーの事業にかかわるすべての人の安全と健康を確保するため、取引先に対して安全健康への取り組みを求め、支援します。
  • 5) 私たちの安全健康に関する取り組みや成果を積極的に公表し、社会の安全健康管理水準の向上に貢献します。

<< 安全健康基本方針 >>

安全と健康の推進体制

ニューフレアテクノロジーは、社長を総括安全衛生管理者とする安全衛生の推進体制を定め、安全と健康に関する活動を行なっています。総括安全衛生管理者は、安全衛生管理者・各部門の安全衛生委員・産業医とともに、安全衛生委員会を統括し、安全衛生委員会が職場の安全確保、従業員の健康促進の管理監督と監査を行ないます。

ニューフレアテクノロジー安全衛生体制図

定期的に開催される安全衛生委員会では、安全の確保と健康促進に関するルールの策定、施策立案と推進、法定事項の確認、施策の実行状況の確認などを行ないます。社長、産業医、安全衛生委員による定期的な職場巡視や災害対応訓練、専門委員会活動などを通じ、職場の安全性を確認します。改善すべき点が発見された場合、安全衛生委員会で報告され改善されます。

2016年 安全巡視

2016年 安全巡視

安全と健康に関する意識啓発と教育

ニューフレアテクノロジーでは、入社時教育、資格昇格時などの階層別教育に安全教育を組み込んでいます。また、すべての役員と従業員に対し、定期的にメンタルヘルス教育、危険予知訓練(KYT)を行ない、協力会社には職長ライセンス教育などを実施し、安全と健康に関する意識の啓発を推進しています。

ニューフレアテクノロジーが特に注力しているのがクリーンルーム安全教育です。ニューフレアテクノロジーの研究開発・製造・保守業務は、クリーンルームという特別な環境で行なわれるため、社内のクリーンルーム内、およびお客様の工場内で作業を行なうすべての従業員に対し、クリーンルーム安全教育の受講を義務付けています。さらにお客様のクリーンルーム内で作業を行う従業員については、日本半導体製造装置協会(SEAJ)が推奨する安全教育の受講と、修了証の取得を必修とし、社内でSEAJ安全教育のトレーナを養成して展開を図り2015年8月現在、220名の従業員が受講を完了しました。また、米国のNuFlare Technology America, Inc. のフィールドエンジニア全員の受講も完了し、グローバルな展開をはかっています。

安全教育体系

全従業員へ「全国安全週間/労働衛生週間社長メッセージ」

毎年の全国安全週間(7月)、労働衛生週間(10月)では、安全衛生意識の高揚を図り、直近の具体的な課題を示し、全員参加で具体的なテーマに取り組むことを促す目的で、社長の安全衛生メッセージを従業員に発信しています。また、期初行事で社長から安全方針を示しているほか、毎年8月の会社創立記念式で無災害職場表彰等を行い、安全意識の定着を図っています。

労働災害の発生状況

ニューフレアテクノロジーでは、災害ゼロを目標に、教育訓練などの啓発活動により、安全衛生活動を展開しています。2004年度から2014年度まで、休業災害の発生はゼロでしたが、2015年度、労働災害(休業災害)が1件発生しました。今後はゼロ災害を達成するため、①安全を重視する組織風土の醸成と従業員の安全意識の向上、②ルールの再整備と教育、③5S活動の推進、④現場の実態に応じた効果的な安全施策、を全社に展開しています。

(100万時間当たりの休業4日以上の労働災害の件数)

(100万時間当たりの休業4日以上の労働災害の件数)
注) ニューフレアテクノロジー以外の数値は厚生労働省労働災害統計による。

労働安全衛生マネジメント

ニューフレアテクノロジーでは、2014年度に国際的な労働安全衛生マネジメントシステム規格であるOHSAS18001の認証を取得しました。このマネジメントシステムに基づき、リスクアセスメントによる安全健康リスクの低減と管理、および法令等の順守管理を全員参加で継続的に行い、「見える安全管理」を進めています。また、労働安全衛生に関するリスクを組織的かつ適切に低減・管理し、労働安全衛生マネジメントシステムを継続的に改善することで、労働災害発生の可能性やそれに伴う経営リスクの低減を図っており、安全と健康にかかわる情報は、社長を含むすべての関係者で共有し、安全管理を実行しています。

注) OHSAS:Occupational Health and Safety Assessment Seriesの略

OHSAS登録証

OHSAS登録証

化学物質リスクアセスメントについて

労働安全衛生法の改正(2016年6月1日施行)に伴う化学物質リスクアセスメントの義務化に対応し、ニューフレアテクノロジーでは、業務上使用する化学物質(薬品やガス等)の危険性や人体への悪影響を把握すると共に、想定されるリスクの評価及びリスクの低減対策に取り組んでいます。

安全衛生活動に対する『厚生労働大臣表彰 奨励賞』を受賞

ニューフレアテクノロジーは2015年6月、安全衛生に関する水準が優秀で、他の模範で有ると認められる事業場を表彰する「厚生労働大臣表彰・奨励賞」を受賞しています。

ニューフレアテクノロジーは安全パトロールを通じた危険作業/危険エリアの傾向監視等、災害防止活動に注力し、2011年に『神奈川労働局長 奨励賞』を受賞しています。今回の受賞は、休業4日以上の労働災害が過去10年発生していないこと、2014年度には全員参加による『危険源の抽出と撲滅』を目指した安全活動の展開、各種教育の充実、経営者による安全巡視に注力するなど継続した安全衛生マネジメントシステムへの取組みが評価されたものです。

7月3日、神奈川県庁第二合同庁舎で表彰授与式 が行われ、神奈川労働局長より賞状と盾が伝達授与されました。本年度の受賞は全国では15の事業場、神奈川県内での奨励賞受賞は1社のみでした。受賞を機に、全従業員が一丸となり職場の危険を見つけて改善し、より安全な職場を作り上げる努力を地道に積み重ねてまいります。

厚生労働大臣表彰 奨励賞

厚生労働大臣表彰 奨励賞

定期的な避難訓練の実施

ニューフレアテクノロジーでは、大規模地震や津波の発生に備えて、地震や津波発生時を想定した全社避難訓練と全従業員の安否確認システムの使用訓練を毎年実施しています。さらに、危険物やガス等を使用するクリーンルーム内における異常発生等の緊急事態を想定した避難訓練等を、年2回実施しています。

全社避難訓練
全社避難訓練

全社避難訓練

ガス避難訓練

ガス避難訓練

健康管理の充実

ニューフレアテクノロジーでは、すべての従業員が健康への意識を高め、心身の健康を維持できるよう、定期健康診断、産業医による面接指導、メンタルヘルス教育など、様々な取り組みを行なっています。

定期健康診断・事後措置・健康支援

ニューフレアテクノロジーでは、定期健康診断と事後面談に健康診断支援システムを導入しており、従業員は自席のパソコンから、ウェブ上で問診票への回答、健康診断/事後面談スケジュールの登録・変更、健康診断結果の確認などを行なうことができます。また、産業医、保健担当者は、健康診断データから従業員の健康状態を把握し、面談においては、検査結果をチャートやグラフなどで可視化して、従業員にわかりやすい説明を行なっています。2015年度の定期健康診断は、全ての従業員が受診し、受診率100%を達成しています。

現在は脳・心臓疾患対策、健康づくりに重点を置き、従業員の生活環境、食生活改善などへ健康指導を展開しています。なお、2015年特定保健指導対象者に対する保健指導に加え、単身赴任者を対象とした栄養教育を実施しました。

時間外超過者面接指導

ニューフレアテクノロジーでは、過重な労働負荷による健康障害を防止するため、3ヶ月連続で45時間以上の時間外労働を行なったすべての従業員に対し、産業医による面接指導(時間外超過者面接指導)を義務づけています。

メンタルヘルス

ニューフレアテクノロジーでは、産業保健専門職、職場を含む体制でのメンタルヘルス対策に取り組み、従業員ケアを進めています。また、すべての役員と従業員に対し、定期的にメンタルヘルス教育を行なうとともに、「こころとからだの健康相談」による電話相談窓口を設置しています。

ストレスチェック

ニューフレアテクノロジーは、労働安全衛生法の改正(2015年12月1日施行)に対応し、ストレスチェックを実施しました。ストレスチェックの実施により、従業員自身のメンタル不調の気づきを促し、ストレスの原因となる職場環境を改善することで、メンタルヘルス不調者の発生防止に努めます。

海外勤務者・海外出張者支援

ニューフレアテクノロジーは、広く海外で事業を展開しているため、海外に駐在する従業員の健康管理を支援する専門の保健担当者が健康診断結果に基づき、国内勤務の従業員と同様の支援活動を実施しています。また、各国の医療事情に応じた最適な支援ができるよう、従業員とその家族に対して相談対応や現地医療機関の案内、緊急時の搬送などを手配できるサービスを導入しています。

AED講習会

二ューフレアテクノロジーでは、外部から専門講師を招いて、心肺蘇生法およびAED(自動体外式除細動器)の講習会を開催し、受講を全社的に推進しています。ニューフレアテクノロジーの全従業員がAEDを取り扱うことができるようスキルを身につけ、緊急時に確実な救命処置が施せるように実技と座学の講習を受講します。ニューフレアテクノロジーの従業員が、社内や家庭、公共の場など傷病者の発生時に場所を選ばず、応急手当に当たることで、より社会に貢献が出来るものと考えています。現在122人が受講済ですが、今後も半年に一度実施し、計画的に修了者を増やしていきます。

AED講習会

AED講習会

災害対策・感染症対策

ニューフレアテクノロジーでは、事業継続計画(BCP)として、震災発生時の行動基準および新型インフルエンザ発生時の行動基準を策定しています。

ニューフレアテクノロジーでは、大規模な災害に備え、定期的に避難訓練を実施するとともに、衛星電話の装備、食糧・飲料水・備品の備蓄などを積極的に進め、様々な防災対策を推進しています。また、従業員とその家族の安全を確保するため、大規模災害発生時に自動的に従業員へ安否確認がなされる安否確認システムを導入しています。

ニューフレアテクノロジーでは、産業医、市役所・厚生労働省などの公的機関などから、感染症の発生や流行に関する最新情報を収集し、従業員に対し積極的な注意喚起を行なっています。広く海外で事業を展開しているため、外務省からも渡航制限、感染症などに関する情報を収集し、海外駐在者および海外への出張者に、積極的な注意喚起を行なっています。

※BCP:Business Continuity Plan

ページの上部へ