ページの先頭へ
  • 前へ
  • 次へ
  • 一覧へ戻る
Interview

半導体を基礎から学ぶ一年間の研修後すぐスペシャリスト集団と肩を並べる職場

岸 和宏
  • 描画装置技術部 機械システム技術グループ
  • 岸 和宏
  • 2015年入社
    自然科学研究科数物科学専攻修士課程修了

「面白い会社に行きたい」ある先輩たちとの出会い

学生時代は物理学や計算科学を学び、結晶成長のコンピュータシミュレーションを行っていました。パソコンを使う研究室だったので、システムエンジニア志望の同級生が多かったのですが、自分はハードウェアの開発・研究に携わることができ、直感的に面白そうと興味の持てるメーカーを中心に考えていました。就職活動中、半導体を扱う業界を調べる過程で、半導体をつくる装置があることを知り、ニューフレアテクノロジーの会社説明会に参加。物理出身の先輩社員と話す機会があり、物理の理論系出身の私でも抵抗なく開発に携われる環境があると感じたことと、なにより最先端の技術に関わる仕事が面白そうだったため、入社することを決めました。

座学から現場実習まで大切な基礎を学ぶ一年間

入社式を終えると、さっそく研修がスタート。座学で社会人基礎教育から半導体デバイス工学を学び、そこで配属が決まります。その後も座学と実習で電子ビームマスク描画装置(EBM)、マスク検査装置、エピタキシャル成長装置を座学と実習で学ぶのですが、内容は非常に濃く、半導体に関して無知だった当時の私には難しいものでした。それが終わると、次はEBMの装置全体を知ることができる製造現場実習。子部品の組み立てから、調整までを担当し、実際に作業している先輩のサポートに入ります。作業中に、先輩方は1ミリ以下の精度で部品を組み立てるような職人技を連発。私の配属先は違ったとはいえ、装置製造の繊細さ、精密さを間近で見ることができる貴重な研修でした。約1年間の研修を終えて、正式配属に。現在はEBMのドライ洗浄や電子ビームを遮断する“ビームブランキング”の設計を行っています。部署内はそれぞれの分野のスペシャリスト集団なので、そういう方々に積極的に質問し、早く成長できるよう励んでいる日々です。

真剣に取り組んだのなら一生懸命やったと胸を張れ

まだ入社から日は浅いですが、いつかはEBMのことを、機械設計だけでなく、広範囲に知っている人になりたい。そのために毎日新しいことを積極的に吸収して業務に励んでいます。大学での研究と違って仕事では専門分野の知識だけでは通用せず、幅広い知識が必要、さらに求められる内容も高度なものですが、やろうと思えばいくらでもやれる環境があります。学生の皆さんに近い立場の私が言えることは、学生時代には「一生懸命やりきった経験を持ってほしい」ということ。一生懸命やったことの内容に関係なく、頑張ったと胸を張って言えることを持つべきです。その経験は、これから新しいことに挑戦するときも活かせると感じています。熱い想いを持つ人の気持ちには応えてくれ、協力してくれる会社だと思います。何かのスペシャリストになりたいなら、ぜひチャレンジしてください。