ページの先頭へ
  • 前へ
  • 次へ
  • 一覧へ戻る
Interview

想像をはるかに超えた未来のため技術者として打席に立ち続けたい

高橋 洋介
  • 描画装置技術部 機械システム技術グループ
  • 高橋 洋介
  • 2014年入社
    物理学専攻修士課程修了

一度失敗することが必要 経験から導き出された“法則”

物理の面白さに気づかせてくれたのは、受験に失敗して通っていた予備校時代の先生。その後、進学した大学で物性物理学の教授に惹かれ、修士課程まで物質物理学を専攻し、素材の電気抵抗や熱伝導率、磁性などを極低温まで測定する実験を行っていました。そして就職活動が始まったのですが、自分の研究テーマの延長線上ではうまく行かず……。頭を切り替えて物理全体の知識を生かせる企業を探しているときに、ニューフレアテクノロジーに出会いました。これらの経験から「一度失敗すると、その後の人生を左右する重大なことが起きる」法則を発見。「とにかくやってみよう、まず行動してみよう」というスピリッツは、このときに培われたのだと思います。

世界に一台のオーダーメイド最先端の装置を扱う喜び

入社してまず驚いたのは、微細化に要求される精度の高さや数値の精細さ。社内にある装置は最先端の精度を誇る電子ビームマスク描画装置(EBM)の仕様に合わせ、オーダーメイドの世界に一台しかないものばかりです。極限の精度を達成する為、そのような最先端の装置に囲まれて作業を行なっています。そんな貴重な装置を入社間もないころから扱うことができ、理系が働く職場環境として、とても恵まれていると言えるでしょう。現在は、パーティクル(発塵性)の評価を行うチームに所属。ロボットを用いた洗浄装置の試作などを行っています。今まで人の手でやってきたことを機械で再現することは難しく、実験、試作、改良の日々ですが、新たな発見をしたときや結果が想像通りだったときは、にやけてしまいそうになるくらい嬉しいです。そんなことができるのも、日々新しいことに挑戦させてくれる上司と、問題解決のために惜しまなく助言をくれる先輩、そして「失敗してもいいから、打席に立て」という社風があるからこそ。チャレンジ出来る環境があるおかげで、描画装置に使用する磁場を使ったゴミの吸塵装置を開発し、実際の工程に乗せることができました。

想像を超えた未来のために自分たちができること

大学時代に学んだ基礎知識を生かしながら、そのときよりずっと恵まれた環境で仕事ができるこの会社を選んで、本当に良かったと思っています。地道な作業ですし、大変なことも多いですが、職場以外でも「もっともっと幅広く学びたい」という欲が出てくるほど、自分の仕事に愛着を感じています。我々が担っているのはスマートフォンなどに使われる半導体を製造するラインのひとつですが、その性能が上がることで、今後、生活に関わるものが変わっていくことは間違いありません。自分が関わっているもので、自分の想像をはるかに超えた何かが生まれるなんてワクワクしませんか?それを実現するためにもいつかホームランを打てるよう、これからも打席に立ち続けていきたいです。