ページの先頭へ
  • 前へ
  • 次へ
  • 一覧へ戻る
Interview

“仕事の優先度”を意識しながら、積極的に課題を乗り越え、成長の手応えを得た

菅沼 瑞奈
  • 描画装置技術部 データ制御グループ
  • 菅沼 瑞奈
  • 2012年入社
    物理学専攻修士修了

会社説明会での担当者の言葉にインパクトを受けた

学生時代は素粒子理論を専攻し、目に見えない現象を数式の言葉に当てはめて解釈するような研究をしていました。就職活動に際しても、少しでも物理に携わりながら面白そうなことをしたいと考えていて、ならば扱う対象が電子など微細な世界となる半導体関連の企業かなと。なかでも比較的少人数の会社でありながら、電子ビームマスク描画装置(EBM)で世界トップシェアを獲得しているニューフレアテクノロジーに興味を持ち、入社を決めました。会社説明会で担当者の方が大きな逆ピラミッドを示して、「この一番下の角にニューフレアテクノロジーがいる。最先端の半導体を世に送り出すのを根っこの部分から支えている」と語っていたのにもインパクトを受けましたね。

デザインデータと全く同じ様に描画できるようデータを補正

現在は描画装置技術部のデータ制御グループで、EBMのデータ補正業務に携わっています。EBMでは入力されたチップパターンのデザインデータどおりに描画をすることが求められますが、様々な要因で描画に歪みが生じたりすることがある。そうしたことが起きないよう、あらかじめデータ側で補正を行うのが私たちのミッションです。補正のためには対象となる物理現象を理解していることが不可欠ですし、データで補正を行うのでプログラミングの知識も必要。さらに、EBMの仕組みそのものや補正装置の構成についても幅広く知っておかなくてはならない。これら1つひとつを吸収していくのは大変ですが、それがまた面白いところでもあります。

若手に仕事を任せてくれる会社 社員同士の交流が活発なのもいい

学生時代は、1人で完結する世界で何をするにも優先順位は自分が1番で問題なく、自分の好きなように進めていました。ですが、会社という組織に所属し、チームで仕事をすることを学び、”仕事の優先度”というものを念頭におきつつ進めることの大事さを学びました。そのためにはやるべき仕事の管理を行う必要があります。わたしはあまり平行作業が得意ではありませんが、ひとつを終えたら次へ何とか乗り切り、それからは「どんな状況になっても大丈夫!」と度胸がつきました。また、ニューフレアテクノロジーは、若手にもどんどん仕事を任せてくれる会社です。質問には肩書きに関係なく丁寧に応えていただき、日々勉強をしながら仕事に結び付けています。また、社員同士のコミュニケーションが活発なのもいいところです。私は社内のランニングサークルに入っていて、そこでは普段あまり仕事で絡みがない人とも話をして、人間関係を作れます。こうしたつながりは、きっと業務にも活きてくると思いますね。学生の時の経験は、直接、業務に関係なさそうなことであっても、何らかの形で必ず役に立つと感じています。だからこそ、1つひとつのことに一生懸命に向き合っていた方にぜひともいらしてほしい。私自身、今後ますます技術を身につけて、「データ補正のことなら菅沼に訊け」といってもらえるくらいのエンジニアになりたい、いや、ならなくてはいけないと思っています。