組織統治・ガバナンス (CSR経営)

CSR経営

ニューフレアテクノロジーは、「お客様満足の追求、コンプライアンスの遵守、経営の透明性、株主・従業員への説明責任、企業価値の向上、社会との関わり」を念頭においたグローバルスタンダードな経営理念に基づき、すべての役員と従業員が実践すべき行動を「ニューフレアテクノロジーグループ行動基準」に定め、「CSR(Corporate Social Responsibility;企業の社会的責任)経営の推進」のもと、お客様、株主様、お取引先様、従業員、社会など、あらゆるステークホルダーの期待と関心を真摯に受け止め、事業活動に取り組んでいます。

<< ステークホルダーとの対話へ >>

ニューフレアテクノロジーでは、「より安全で環境に調和した製品の継続的な開発と市場への提供を通し、人々の健康と安心、地球資源と環境保護への貢献」との方針に基づき、事業活動、及び製品とサービスが環境に与える影響を的確に捉え、環境と資源を守り、より良い地球環境の実現を目指すため、環境方針とともに短期的、中長期的な環境上の目標を定め、環境調和型の製品づくりに努め、経済的・効率的な生産活動を推進しています。

<< 環境への取り組みへ >>

経営理念・CSR基本理念

人と、地球の、明日のために。

ニューフレアテクノロジーグループは、人間尊重を基本として、豊かな価値を創造し、世界の人々の生活・文化に貢献する企業集団をめざします。

<< ニューフレアテクノロジーグループ行動基準へ >>

CSR推進体制

ニューフレアテクノロジーは、「ニューフレアテクノロジーグループ経営理念」および「ニューフレアテクノロジーグループ行動基準」に基づき、ガバナンス体制を構築し、教育活動、コンプライアンス活動、環境活動(地球環境会議)、地域活動、業界団体への参画などを通し、積極的なCSR活動に取り組んでいます。

<< 組織統治・ガバナンスへ >>

ページの上部へ